インターネット上の生命保険の比較サイトですが、自分の年齢とか、性別に合った生命保険を一括で探すことが出来ます。試したことはありますか?一分でできてしまうようなものもあります。また時間はかかるけれど、しっかり診断できるものもありますよ。そういった時間のかかる診断を受けた場合、どういった会社のどういった保険が良いかを一括検索にかけてみましょう。

そうすると、自分に合った無理のない保険料が表示されます。また入るべき保険も一秒で表示されますよ。(笑顔)これなら相談員を頼らなくても良いですよね。ある程度目安を見ることが出来ますよね。(笑顔)しかし、入るべき保険が、どういう「生命保険」で、あと「医療保険」なのかについては、やはり自分で決めていくしかありませんね。

保険というものは元々、「身の回りの人」の為に入るものだからです。まだ独身で若い人の場合、死亡した時に保険金のおりる生命保険というよりは、病気やケガに備えて医療保険に入るべきだと思います。また、年代によっても、入るべきものが大きく変わってきます。もし、まだ若くて、入院、手術に対しての手厚い保証を考えている場合は、生命保険より医療保険をお勧めします。

年代や状況では、生命保険を意識するべきなのか、それとも医療保険を意識するべきなのかが大幅に異なってきます。このような保険選びにおいては、一つの大きなポイントでもありますね。

■職業柄、怪我などが多いと言う人は、「損害保険」をお勧めしますね。

■がんの家系に生まれた場合、アフラックなどの「がん保険」をお勧めします。保険をあまり知らない人については、生命保険と医療保険を比較してみると良いですね。その差が大きいことに気づくかと思われます。自分の年代は、「何を意識して加入するべきか」と言うことをしっかり考えてから加入して欲しいですね。

関連ページ